ギフト

香典返しはマナーを知っておくべき|今後も役立つ贈り物に関する情報

専門の業者に任せる

香典返し

香典返しを渡すことになったら、どんなものを用意すればいいのか悩むでしょう。そういった人は、専門の業者に任せてみてはどうでしょうか?ネットで検索すれば、どういったものが選ばれているのかを知れます。

もっと読む

喜ばれるものを

子供とお母さん

初節句の内祝いを決める時は、どういったものを選べばいいのか悩むでしょう。それに、どんな風にして贈ればいいのかも知らないということで頭を抱えている人もいます。そういった人に向けて、どういったものをどんな風に贈るのかを紹介します。

もっと読む

自分の為に知っておく

香典返し

人は、いつ亡くなるのかなんて誰も分かりません。その為、身内が亡くなると葬儀や遺品整理、お墓などのことで大変でしょう。ですが、故人を見送る為には必要なことですから必ず行なわないといけません。それに、故人を想って香典を持ってきてくれる人もいます。そういった人達には、香典返しをお渡ししないといけません。香典返しとは、香典を持ってきてくれた人に忌明けしたという報告と参列してくれたお礼を兼ねて品物を届けることです。昔であれば、忌明けの法要が終わるまで喪中または忌中という喪に服している間は香典返しも礼状も慎んで、忌明けに香典を頂いた人の家に一軒一軒回って持っていくというのが一般的でした。ですが、現代では昔に比べると交際している範囲や時間的な問題で忌明け後にお礼状と香典返しの品物を送るというのが現状です。贈る期間に関しては、宗教宗派によって異なりますが仏教であれば四十九日、神道であれば三十日祭または五十日祭、キリスト教なら一カ月後に迎える昇天記念日になります。それに、地域によっても異なります。金額に関しては、関西であれば香典返しの金額が三分返し、関東であれば半返しと言われていて、半額から三分の一程度の金額が目安とされています。

他にも、のし紙の種類も宗教宗派や地域によって変化します。このように、状況によって香典返しの贈り方というのが変動しますので知っておきましょう。初めてでわからない、今後の為に知りたいというのなら、香典返しなどの品物を取り扱っている業者のサイトを覗いてみて下さい。そうすることで、どんなものを贈ったらいいのかを知れますし、問い合わせしてどのようにすればいいのかスタッフに相談することもできます。

知っておくべきこと

内祝い

新築内祝いを贈るとなれば、このマナーについてしっておきましょう。そうしないと、せっかくのお祝いが台無しになってしまいます。それに、こういったことは知っていて損しないので覚えておきましょう。

もっと読む